user01 のすべての投稿

犬猫の認知機能不全症候群(痴呆症)について

犬の認知機能不全症候群は『高齢化により一度学習した行動や運動機能の著しい低下により飼育が困難になった場合』と定義されます。もう少しわかりやすい言い方にすると『老化に関連した症状で、認知力と刺激への反応が低下し、昔できていたことができなくなっていく症状』と言えます。今回は皆さんがより聞き覚えのある『認知症』という言葉で説明しようと思います。

 

認知症の犬猫は脳が萎縮していることが知られています。また、人間のアルツハイマー病の原因の一つであるアミロイドの沈着が起こることも知られており、アルツハイマー病と同一とまでは言えないまでも類似した病態である可能性があります。

 

発症は犬であれば9歳以上、猫であれば11歳以上から徐々に認知症を発症するリスクが上がっていきます。特に日本犬での発症が多く知られていますが、ビーグルやマルチーズ、ヨークシャーテリアも好発犬種として知られています。

 

✔️症状は?

認知症の症状として夜泣き徘徊が特に有名かと思いますが、実際の症状は非常に多岐にわたります。

・意識状態の変化(ボーッとしているか、興奮している場合が多い)

・ずっと横になったり、伏せの姿勢をしている

・首を傾げている

・狭いところに入りたがる

・壁に頭を押しつける

・わけもなく鳴き続ける

・うまく歩けない(酔っ払いのような歩き方〜歩こうとしたら転ぶなど)

・うまく立てない

・立っていると両後肢が震える

など様々な症状が認められます。これらの症状は脳の萎縮の程度により変わってきます。脳の萎縮が重度であればあるほど症状は重度になります。

 

※実はこれらの症状は認知症以外の脳疾患(特に脳腫瘍)でも発生します。

そのため、これらの症状が認められた場合、「老齢だから認知症」と決めつけるのではなく、

他の脳の病気がないかどうか確認することが非常に大事です※

 

✔️診断は?

前述の症状や質問表による症状の数値化から認知症の有無を診断しますが、最終的にはMRI検査が必要になります。繰り返しになりますが仮に認知症以外の脳の病気があった場合でも症状と質問表の結果だけ見ると認知症に合致してしまう場合もあるため、最終的にはMRI検査が必要となります。

 

✔️治療は?

残念ながら人間同様に犬猫においても決定的な治療法はありません。そのため可能な限り進行を遅らせること問題となっている症状を抑えてあげることが治療目標になります。そのための方法として下記のようなものが挙げられます。

 

1.怒らないでよく褒める

トイレを失敗したり、異常行動に対して怒ってしまうとより症状が顕著に現れてしまいます。逆にトイレが成功した場合や、飼い主さんの希望する行動をしたらおやつをあげるなどして沢山褒めてあげましょう。

2.生活環境の改善

滑りにくい床や段差をなくすなどの工夫をしてあげてください。ですが、大きく部屋の模様替えを行なったり、いきなりトイレの場所を変えると犬猫が混乱するので注意しましょう。ストレスを感じることなく、静かに過ごせる環境を準備してあげるのも大事です。

3.心身への刺激を与える

少しでもお散歩に連れて行ったり、ペットボトルにおやつを入れて遊ばせるなど可能な限り刺激を与えてあげましょう。

4.食事内容の変更

ビタミンEやDHAやEPAといったオメガ-3-脂肪酸を多く含んだ食事に変えてみるのも良いでしょう。これらが多く含まれるサプリメントや療法食があります。

5.薬物療法

抗うつ薬や行動治療薬などが存在しますが、これらも基本的には対症療法であり、症状を抑えるのが目的となります。特に夜鳴きがひどい場合などはこの薬物療法が効果的になります。

 

どれか1つだけを実践するのではなく、様々な方法を無理のない範囲で組み合わせることで、治療が上手くいく可能性が上がります。

 

2024年6月16日(日)休診のお知らせ

2024年6月16日(日)は学会(日本臨床獣医学フォーラム)への参加のため1日休診とさせていただきます。

 

継続のお薬や療法食をご希望の方は、6月15日(土)までに、または6月17日(月)以降にお申し付けください。

 

皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解ご協力の程よろしくお願いいたします。

犬の肺高血圧症について

肺高血圧症とは肺に血液を送る肺動脈という血管の圧力(血圧)が上昇する病態を言います。肺高血圧症になると肺動脈が変性(リモデリング)を起こし、肺動脈の圧力(血圧)が上昇します。その結果、肺に上手く血液を送れず、全身に酸素をしっかりと運べなくなってしまいます。最悪の場合、死に至る病気です。

 

 

✔️原因は?

様々な原因が挙げられますが、大きく下記の5パターンに分けて考えていきます

 

第1群:肺動脈性肺高血圧症

-特発性、家族性、フィラリア症、先天性短絡性心疾患、薬物、中毒

第2群:左心不全による肺高血圧症

-僧帽弁閉鎖不全症、心筋疾患

・第3群:肺疾患および低酸素血症による肺高血圧症

-慢性閉塞性肺疾患、間質性肺疾患など

・第4群:肺血栓塞栓による肺高血圧症

-血栓症

・第5群:原因不明の肺高血圧症

-様々な要因が重なった結果発症すると考えられている

 

中でも第2群による肺高血圧症が多く、肺高血圧症の犬の約50%がこれにあたるとの報告もあります。

僧帽弁閉鎖不全症は特に小型犬で多く認められる進行性の疾患で、病気が重症化すると肺水腫になって呼吸困難になるだけではなく、肺高血圧症に罹患するリスクも高くなります。

 

 

✔️症状は?

一般的な症状として頻呼吸、呼吸困難やチアノーゼが挙げられ、重度なものだと失神を起こす場合もあります。

 

 

✔️診断は?

主に心臓超音波検査で診断します。肺高血圧症があると心臓の右側(右心系)に負担がかかります。そのため、心臓超音波検査で下の図の様な変化がないかどうかを確認します。肺高血圧症があれば血液検査やレントゲン検査などを行い、原因追及をしていきます。

※心臓超音波検査による肺高血圧症の診断基準はいくつかあり、その基準を満たす項目が多ければ多いほど肺高血圧症である可能性が高くなります。

 

 

✔️治療は?

写真にあるような薬による内科治療が基本となります。最初にお話した通り、肺高血圧症は肺動脈の血圧が上昇してしまった状態を言います。そのため、この肺動脈の血圧を下げる薬を使用します。加えて肺高血圧症を起こしている基礎疾患があればこちらの治療も同時に行います。

 

 

 

※筆者は過去にフィラリア感染症により肺高血圧症となった症例を1例経験しています。

予防で防げる病気があります。それも命に関わる病気です。しっかりと予防しましょう。※

狂犬病予防注射とフィラリア・ノミ・マダニ予防について

当院では、狂犬病の予防接種を4月から順次行っております。札幌市から届いた封筒をご持参の上、お越しください。注射後のアレルギーに備えて、平日の午前中に接種することをお勧めしております。

接種についてご不明な点や心配な点がございましたら、お気軽にスタッフにお伝えください。

 

ワンちゃん、ネコちゃんのフィラリア予防薬も処方しております。

同時にノミ・マダニの予防ができるオールインワンタイプも大変人気です。

ワンちゃんには錠剤タイプとおやつタイプがお選び頂けます。

ネコちゃんには背中につける液体タイプがございますので、飲み薬が苦手な子にも安心です。

フィラリアの予防期間は5月頃〜10月頃。ノミ・マダニは春〜秋に活発になります。まずはご相談ください。

 

今シーズンもすでにたくさんの方が予防薬を取りにきてくださり、入荷に時間がかかるお薬も出てきております。在庫がない場合もございますので、"前もってお電話"頂けますとお待たせすることが少なくなるかと思います。

猫の伝染性腹膜炎(FIP)について

猫の伝染性腹膜炎(FIP)はコロナウイルス(※新型コロナウイルスCOVID-19とは別です)によって発症する病気で、特に2歳以下の若い猫に多い病気です。また、純血種は混血種よりも発症率が高いとされています。

 

✔︎症状は?

症状は元気食欲の低下、発熱、下痢、心不全、呼吸困難、腹水、胸水、ふらつきや発作などの神経症状など非常に多岐にわたります。特に初期はFIPに特徴的な症状を示さず、元気食欲の低下や発熱など様々な病気で認められる症状のみを示します。病気の進行スピードははやく、早ければ発症から9日間で死亡してしまう場合もあります。

 

 

【写真はFeline Infectious Peritonitis Diagnosis Guidelines,JFMS,2022より引用】

 

 

✔︎診断は

血液検査、画像検査(レントゲン検査と超音波検査)、異常な貯留液(胸水や腹水)があれば貯留液の検査などから判断します。これらの検査からFIPが疑われた場合は、異常な貯留液中、もしくは組織の一部を採取し、そこに病気の遺伝子がないかどうか検査することで診断します。しかし、組織の一部を採取するには全身麻酔が必要になり、FIPの症例に全身麻酔をかけることは危険度の高い行為になります。そのため、異常な貯留液中に病気の遺伝子がないかどうか検査する場合がほとんどです。

 

※遺伝子検査で陽性の場合はFIPと確定出来ますが、陰性の場合は必ずしもFIPを否定できるわけではありません。

 

 

✔︎治療は?

今までは治療法のない不治の病でしたが、近年、モヌルピラビルという治療薬が登場し、不治の病ではなくなりつつあります。この薬は人体薬ですが、猫ちゃんに使用しても安全性が高く、治療効果も高い薬です。

 

 

当院でもFIPの治療薬を導入しました!これで今まで治療出来なかった病気が当院でも治療可能になりました!今までは大学病院に行ってもらっていたため、治療開始までにさらに時間がかかってしまっていましたが、これからは当院で迅速な対応が可能になりました!!

 

 

 

■本当にFIPかどうか

この病気の診断治療を進めていくにあたり、最もネックになるのが『本当にFIPかどうか』です。遺伝子検査を行えばわかりますが、結果が出るまで時間がかかってしまいます。先にも述べた通りFIPは極めて進行スピードの早い病気です。そのため、遺伝子検査結果を待っていると手遅れになってしまう場合があるため、様々な検査を行い、1つでも多くのFIPを疑う証拠を集め、遺伝子検査結果を待つ前に治療を始める必要があります。

犬の免疫介在性多発性関節炎について

犬の免疫介在性特発性関節炎とは免疫機能の異常により、突如として自身の免疫が関節にある滑膜という部位を異物と認識し、攻撃することで発症する病気です。ミニチュアダックスフンドやトイプードル、バーニーズマウンテンドッグなどが好発犬種として知られています。また、秋田犬やチャイニーズシャペーイは遺伝による関節炎の発症も知られています。犬の世界で免疫介在性多発性関節炎といった場合、『特発性免疫介在性多発性関節炎』『リウマチ様関節炎』の2つの疾患が原因のほとんどです。ごく稀に、全身性エリテマトーデスという病気の症状の一つとして関節炎を発症する場合もありますが、今回は代表的なこの2つの疾患についてお話します。

 

 

 

特発性免疫介在性多発性関節炎

 

✔️症状は?

5歳前後での発症が多いとされており、手首と足首の関節での発生が多いです。歩行時の異常や跛行(ビッコ引く)が主な症状ですが、中には跛行症状を示さず、発熱や元気食欲の低下といった症状のみを示す犬もいます。これらがメジャーな症状ですが、頚椎と言われる首の骨にも滑膜が存在するため、ごく稀に首の痛みを示す犬もいます。

 

✔️診断は?

診断には関節液の検査(関節穿刺)が必要です。この検査は大人しい犬であれば無麻酔で実施可能です。

 

✔️治療は?

本疾患の治療はステロイドや免疫抑制剤による内科治療がメインになります。この病気の場合、関節の炎症が起こるだけで、関節にある靭帯が破壊されることは極めて稀なので多くの症例で治療がうまく行けば良好な治療経過が認められます。うまく付き合って行く必要のある病気ですが、中には薬をやめても大丈夫な犬もいます。

 

 

 

リウマチ様関節炎

 

✔️症状は?

中年齢以降での発症が多いとされています。本疾患も手首と足首の関節に発生しやすく、特発性免疫介在性多発性関節炎と同様の症状を示しますが、人間のリウマチ同様、関節の靭帯や軟骨が破壊されるので発見が遅れると手首や足首が「ハの字」になります。

 

✔️診断は?

診断には関節液の検査と血液検査、レントゲン検査が必要になります。いくつかの診断項目があり、診断項目が多く一致するほどリウマチ様関節炎の可能性が高くなります。

※病気の初期段階ではレントゲンでの変化が認められないため、特発性免疫介在性多発性関節炎として治療していたけど徐々に病気が進行し、後からリウマチ様関節炎だったと判明する場合もあります。

 

✔️治療は?

本疾患の治療も同様にステロイドや免疫抑制剤による内科治療になりますが、進行性の疾患であるため、治療目的は"治す"ではなく"進行を遅らせる"になります。

 

犬猫の運動失調について

運動失調とは簡単に言うと「人が酔っ払って千鳥足になって歩いている」のと同じ状態です。そのため、運動失調の犬猫はフラついたり、まっすぐ歩けなかったり、歩く時に足が交差したり、重度だとうまく立てなくなる場合もあります。

 

 

 

 

 

運動失調が出てしまう主な原因は神経系の異常で、原因箇所によって3つに分けて考えます。

 

 

①前庭性運動失調

三半規管などの平衡感覚を司る部位の異常で発生します。このパターンの運動失調では犬猫が『めまい』を感じている可能性が高く、運動失調以外にも眼が上下あるいは左右に揺れる立ち上がれずにゴロゴロと転がる食欲が落ちる吐くなどの症状が認められる場合もあります。原因として加齢性(特発性)がよく認められますが、他にも甲状腺機能低下症、中耳炎や薬物中毒で発生してしまう場合もあります。

 

 

②小脳性運動失調

脳の一部である小脳という部位の異常で発生します。このパターンの運動失調では犬猫が距離感を掴めなかったり、運動時に全身が震えるといった症状が認められます。原因として脳梗塞、脳腫瘍や先天性異常が挙げられます。

Q.犬猫が距離感を掴めなくなるとどうなるの?

物の位置を認識する力が低下します。そのため、何かを口に加えようとした時にその何かがある位置まで口を一回で持っていくことが出来なくなります。

 

 

③固有受容性運動失調

四肢の動きを脳へ伝達する脊髄という部位の異常で発生します。このパターンの運動失調では麻痺症状が認められる場合が多いです。原因として椎間板ヘルニア、背骨の異常や脊髄腫瘍などが挙げられます。

 

Q.運動失調と麻痺の違いって?

運動失調は四肢に力が入るけど上手に歩けない状態を指し、麻痺は四肢に力が入らないため上手く歩けない状態を指します。

 

✔︎診断は?

①〜③のそれぞれで必要な検査が異なるため、症状と身体検査が大事になります。特に症状に関しては病院内で観察できる症状には限りがあるため、日常生活で症状が出た時の動画があるとより正確に判断が可能ですので、お持ちのスマホでの動画撮影をお勧めします。③の場合は高確率でMRI検査が必要になります。

 

 

『歩く』ということは健康寿命維持に大事なことです。歩き方の異常が認められた場合はすぐに病院を受診することをオススメします。

猫の乳腺腫瘍について

猫の乳腺腫瘍は90%が悪性(乳腺腺癌)で、特に10歳前後の猫で発生率が高いとされていますが、これより若い年齢での発生もあります。猫の乳腺腺癌は進行が早く、早急な治療が必要な疾患です。また、高確率で肺転移が起こります。猫の腫瘍疾患としては比較的遭遇することの多い疾患です。

 

ちなみに.....猫の乳腺は左右に4つずつあります

 

猫の乳腺腫瘍の形成と性ホルモンは関係があると言われており、1歳以上で避妊手術をした猫と1歳未満に避妊手術をした猫を比較すると、1歳未満に避妊手術をした場合は乳腺腫瘍の発生率を90%近く下げることが出来ます。実際、猫の乳腺腫瘍の大部分は未避妊だったという報告もあります。

 

✔︎症状について

肺転移を起こすと呼吸困難などの症状が認められますが、通常は無症状で、腹部にシコリが見つかるだけの場合がほとんどです。

 

✔︎診断について

乳腺腺癌の確定診断には手術が必要ですが、細胞診(針を刺す検査)を実施することで乳腺に発生するその他の腫瘍と区別できる場合があります。

 

✔︎治療について

外科手術による摘出が第一選択の治療になります。猫の乳腺腺癌は悪性度が高く、転移や再発を防ぐため、腫瘍を含めた広範囲の摘出が推奨されており、摘出方法は大きく分けて下の図のように3パターンがあります

 

片側乳腺全摘出術(図1)は腫瘍のできた側の乳腺を全て摘出する手術方法です。この手術による治療を実施した場合、平均の生存期間は約300日とされています。一方で段階的片側乳腺全摘出術(図2)と両側乳腺全摘出術(図3)は腫瘍が出来ていない側の乳腺も全て摘出する手術です。前者は2回に分けて乳腺を摘出する方法で、後者は1回で両方の乳腺を摘出するという違いがあります。この2つの場合の、いずれの手術方法でも平均の生存期間は約540日と同じ日数が期待できます。そのため、麻酔は2回必要になりますが、当院では術後の合併症の点から段階的片側乳腺全摘出術を推奨しています。また、術後に抗癌剤治療を実施することでさらなる生存期間の延長が期待できます。また、抗癌剤以外にも免疫療法による術後の補助療法も可能です。

 

 

※猫の乳腺腺癌は腫瘍のサイズが大きければ大きいほど、数が多ければ多いほど積極的に治療しても生存期間が短くなってしまいます。腹部に異常なシコリを発見した場合はすぐに病院を受診しましょう※